日本で唯一のブギ・ウギ専門店Boogie Woogie Village!
日本で唯一! ブギ・ウギの専門ショップです。 ビギナーからマニアまできっと満足いただけます。 様々な音楽に精通した店主がよりすぐった世界のブギ・ウギ音楽をお届けします。
ホームアクセル・ツヴィンゲンベルガー AXEL ZWINGENBERGER斎藤圭土&アクセル・ツヴィンゲンベルガー Keito Saito&Axel Zwingenberger/「THE JOY OF BOOGIE WOOGIE / LIVE
商品詳細

斎藤圭土&アクセル・ツヴィンゲンベルガー Keito Saito&Axel Zwingenberger/「THE JOY OF BOOGIE WOOGIE / LIVE[OQMR-2001]

販売価格: 3,132円 (税込)
[現在在庫切れですがご注文承り中]
〜本物の、そして限りなくピュアなブギ・ウギ・ピアノに出会える至極の一枚〜

感動の2010年ジャパン・ツアー音源が遂にCD化!!
響きの美しいコンサート・ホールでのピアノ2台のデュエットから、オーディエンスの熱気がダイレクトに伝わるライブ・ハウスでの連弾まで収録。厳選に厳選された20曲、奇跡の1時間19分。


「THE JOY OF BOOGIE WOOGIE / LIVE」は、2010 年開催の “Legendary Standard LIVE 斎藤圭土 & Axel Zwingenberger THE BOOGIE WOOGIE”のツアーから選りすぐりのライブ音源を収録した「ブギ・ウギ・ライブ」の決定盤。ブギ・ウギ・ピアノの巨匠アクセル氏と、アジアン・ブギの牽引者・斎藤圭土、ふたりの共演をライブ会場の熱気と共にお届けします。

発売元 キャトルマンレコード OQMR-2001
解説:日暮泰文
定価¥3,045(税込) 全 20 曲
一般発売 :2012 年 4 月 4 日


【収録楽曲】

【Keito & Axel 2 pianos】
 01 THE JOY OF BOOGIE WOOGIE
 02 OSAKA WELCOME

【Keito solo】
 03 THE FIVES
 04 BLUES FOR YOU
 05 CHICAGO BREAKDOWN
 06 BOOGIE MEN IN BLACK
 07 BOOGIE WOOGIE JOURNEY

【Axel solo】
 08 BLUE NOTE GROOVE
 09 NEW BOOGIE IN THE BARRELHOUSE
 10 BASS GOIN' CRAZY
 11 BOOGIEIN' FOR MY JAPANESE FAMILY

【Keito & Axel 4 hands】
 12 SAKURA AIR
 13 TOKYO BOOGIE WOOGIE NIGHT
 14 ROCKIN' BOOGIE CHAT
 15 SHINKHANSEN DRIVE

【Keito & Axel 2 pianos】
 16 LITTLE MIO'S BLUES
 17 WILD HORSES RUN
 18 SHABU SHABU SWING
 19 THE SHEIK OF ARABY BOOGIE

【Keito & Axel 2 pianos】
 20 HOW LONG BLUES



斎藤圭土
1978 年11 月18 日、神奈川県横須賀生まれ。6 歳からクラシックピアノを始める。15 歳の時、ルクセンブルク国立音楽学校に留学する。留学中にブギ・ウギ・ピアノと出会い、独学でそのスタイルを習得していく。2000 年 3 月、圭土 21 歳の時、ドイツ・ミュンヘンで開かれたブギ・ウギ・ピアノの第一人者アクセル・ツヴィンゲンベルガーのコンサートに日本から足を運んだ圭土は、終演後、アクセルとその場でセッションを果たす。そこでアクセルに、「日本でもブギ・ウギを広めてほしい」と言葉をかけられる。このことが彼の音楽人生を決定づける。以来、度々アクセルのコンサートを訪れ、交流を深めてきた。2006 年 4 月、ドイツで行われた International Boogie Woogie Festival に日本人として初めて出演。その演奏はヨーロッパのブギ・ウギ・ファンの喝采を浴び、ドイツメディアにも高く評価される。2008 年 11 月、初のソロアルバム「Boogie Woogie Far East」(Universal Music)をリリース。初のソロツアーを全国 4 か所で開催。日本のブギ・ウギ・シーンに確かな一歩を刻んだ。2010 年 4 月、アクセルと「Legendary Standard Live The Boogie Woogie」を全国 4 か所で開催。日本の聴衆を魅了した。2011 年 2 月、オーストリア・ウィーンにてアクセル・ツヴィンゲンベルガー、マーティン・ピルカーらと共に 4 公演を成功させる。こうしたアーティストとの共演を通じて、圭土は Pure Boogie Woogie Styleを学び、それを継承している。実兄守也とのユニット『レ・フレール / Les Frères』(2006 年「Piano Breaker」(Universal Music)でメジャーデビュー)の活動でも、連弾ならではのブギ・ウギを演奏し、ブギ・ウギ・ピアノの魅力を伝えている。これまでに、ルクセンブルク、フランス、ドイツ、オーストリア、ベルギー、韓国、オーストラリアなどでツアーを行う。共演者はアクセル・ツヴィンゲンベルガー、マーティン・ピルカー、ヴィンツ・ヴェーバー、ジュールズ・ホランド、ハンク・ジョーンズ、池宮正信など。

KEITO SAITO
Born on November18, 1978 in Yokosuka, Kanagawa prefecture.Started playing the classical piano at the age of 6. He was accepted to Conservatoire de Musique de la Ville de Luxembourg when he was 15. He met boogie woogie piano when he was in Luxembourg and learned to play the style on his own. In March 2000 when Keito was 21, he flew to Munich, Germany to attend the concert of the leading person of boogie woogie Axel Zwingenberger. After the show, Keito performed a session with the maestro and he was told by Axel to spread the music of boogie woogie in Japan. This experience shaped Keito’s music life. Since then, he has visited Axel’s concerts and deepened exchanges. In April 2006, Keito played at the‘International Boogie Woogie Festival’ as the first Japanese artist. The performance was widely praised by European boogie woogie fans and highly acclaimed by German media. His first album‘Boogie Woogie Far East’ (Universal Music) was
released in November 2008. He toured 4 major cities in Japan and made the firm first step in the Japanese boogie woogie scene. In April 2010, he held‘Legendary Standard Live The Boogie Woogie’in 4 major cities of Japan with Axel and attracted Japanese audiences. In February 2011, he played 4 successful concerts with Axel Zwingenberger and Martin Pyrker in Vienna, Austria. His collaborations with such great artists inspire him profoundly. Learning from them is a big help for him to achieve true mastership in the pure boogie woogie style. With his other project called "Les Frères", Keito and his brother Moriya perform a special 4-handed boogie woogie style of their own, conveying the great appeal of boogie woogie piano to enthusiastic crowds. Their major debut album "Piano Breaker" was released in 2006 by Universal Music." He performs their own style of boogie woogie with their 4 hands and appeals the boogie woogie piano. Les Frères have performed in Luxembourg, France, Germany, Austria, Belgium, South Korea, Australia and throughout Japan. Keito has performed with Axel Zwingenberger,Martin Pyrker, Vince Weber, Jools Holland, Hank Jones, and Masanobu Ikemiya to name a few.
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
収録曲掲載ブックレット
Tracklistings
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス